ブリッジの作り方シリーズ11 | トランスコンセプチュアルー移動と創造の方法論
更新日:2016.06.29
※イベントは終了しました。
平成28年7月15日(金) 19:00 - 20:30 @3331 Arts Chiyoda 1F ラウンジ

ロサンゼルスと日本を拠点に、キュレーター、アーティスト、エディターとして幅広い活動をするキオ・グリフィス氏をゲストにお迎えします。常に移動しながら、アート、デザイン、サウンドと領域を横断するグリフィス氏の活動は、ポストインターネット、ニューコンセプチュアルアートの最前線と言えるでしょう。自身の活動を紹介していただきながら、年間200に及ぶ企画を世界各地で進める、その驚異的な創造性の秘密に迫りたいと思います。
※トークは日本語でおこないます。

グリフィス氏は、今夏に開催予定の「あいちトリエンナーレ2016」にて、世界中の多くの人に「色名」の入ったフレーズを読んでもらい、それらの「声」をインスタレーションとして出品する新作を予定しています。
トーク終了後、今回のトークにご参加いただいた皆さまにも「声」の収録にご協力いただきたいと思っております。(お一人につき5分程度を予定しています)

《お知らせ》
本イベントは参加申し込みが定員に達しましたが、若干席分、追加申し込みを受け付けます。ご希望の方は、早めのお申し込みをお勧めいたします。
※キオ氏の「あいちトリエンナーレ2016」出品作品への、「声」の収録につきましては、会場の利用時間の関係で、すでにお申し込みいただいた方のご参加を優先させていただきたいと思います。何卒、ご了承ください。



【開催概要】
日 程  平成28年7月15日(金) 19:00 - 20:30(開場18:30)
場 所  3331 Arts Chiyoda 1F ラウンジ
ゲスト  キオ・グリフィス(ヴィジュアル・サウンドアーティスト、キュレーター、デザイナー、ライター)
ホスト  港 千尋 (写真家 / 著述家 / Art Bridge Instituteディレクター)
参加料  無料
定 員  先着30名

申 込  要事前申し込み。7月14日(木)まで
     お申し込みはこちら

主 催  東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、
     NPO法人Art Bridge Institute

※事前申込は7/14(木)まで。
※お寄せいただいた個人情報は厳重に管理し、本事業の運営およびご案内にのみ使用致します。
※事前申込の段階で定員に達しない場合は、当日受付を行います。受付情報はfacebookページをご覧下さい。
“Loxodrome” 2013 「等角航路」photo: Kio Griffith
“Revolutions Per Minute” 2013 – 2016 「回転1分間の革命」photo: Kio Griffith
“Blue Nova” 2013 サウンド•インスタレーション photo: Natasha Peterson
“Revolutions Per Minute” 2013 – 2016 「回転1分間の革命」 photo: Kio Griffith
“24flat6B” 2014 パフォーマンス Building Bridges Galleryにて photo: Marisa Caichiolo
フィンランドの古都・トゥルクのアート•チャペルにて声の録音 photo: Ville Vari
“Dowsing To Douse” Joshua Treenial インテグラトロン (ランダーズ・カリフォルニア) パフォーマンス photo: Sonja Schenck
Kio Griffith(ヴィジュアル・サウンドアーティスト、キュレーター、デザイナー、ライター)
1963年神奈川県生まれ、ロサンゼルス在住。ニューメキシコ州立大アルバカーキ校、Otis/Parsons School Of Design卒業。
アメリカと日本を主な拠点として、メタニュアンスな概念を機軸に、多様な表現を展開する。時代とともに変遷する社会や言動、それらを視覚的・聴覚的に再生、追体験させるという手法を取っている。そこには一貫して「失われたものに新しい命を吹き込む」という主題が秘められている。2016にはあいちトリエンナーレへの参加、環太平洋地域の様々な言語や地域の人々から「色」にまつわるメッセージを集め、それらの「声」による作曲を試みる。
www.kiogriffith.com/