思えば過去 2回とも天候に恵まれず、3回目にして初めて傘のいらぬ夏らしい陽気のなか活動日を迎えることができました。

今回はまず、地域サロン「アイソメ」への訪問報告から。
文京区根津の藍染大通りに面する築100年の長屋は改装され、昨年の4月にアイソメとして生まれ変わりました。以前より利用されていた根津例大祭での神酒所としてのほか、現在ではシェアオフィスやイベントスペース等さまざまな顔をもっていっています。そこで7月に、ABIインターン数名で、アイソメの運営メンバーである栗生はるかさんにお話を伺ってきました。そのときの報告会を行ったところ、栗生さんがアイソメへと携わるきっかけとなった、銭湯の保存活用である「銭湯プロジェクト」に関心が集まりました。また、「地域のアイデンティティを可視化する」「地域にあるものを点でなく面で残したい 」など、印象的だった栗生さんの言葉がいくつも挙がり、充実したリサーチであったことがうかがえました。
続いてインターン活動の今後の展開について話は移り、自由に意見を出し合った結果 「ART BRIDGEに携わる方々のお話を聴いてみたい」「 外部へのリサーチ活動をさらに設けていきたい」という積極的な提案が挙がりました。
最後に「自分にとってのアートとは?」というテーマを掲げ、フリートークを交わしまし た。音楽や踊り、民俗学などを通してアートに歩み寄ったという各々の話に、みんな興味深く耳を傾けていました。前回のリーディング会同様、こうして境遇の異なるメンバー同士の意見が点と点で結ばれ、新たなかたちをみせてくれる瞬間はあらためて面白いなと感じまし た。
このよう に回数を重ねるごとに、率直かつ意欲的な意見を投じやすい空気が形成されつつあります。芸術祭やアートイベントへ参加しているメンバーも多数いるので、今後そのようなインターン外での活動なども情報交換していければ、 さらなる活性化が期待できるのではないでしょうか。
高橋 茜(ABIインターン)
8月11日(木)19:30〜21:00
3331 Arts Chiyoda
インターンプログラム2016 活動レポート①


雷が鳴り響く梅雨の真っただなか、2回目のArt Bridge Instituteのインターンプログラムの活動を行いました。雨にも負けない会にしようと張り切っていました。

今回は、『ART BRIDGE 03』 P32~33「被爆樹から被曝樹へ」のリーディング会を行いました。
それぞれが読んで考えたことを付箋に書き、それをもとに全員で意見を共有するという方法で行いました。すると、短い範囲であるにも関わらず、それぞれの着目する部分が全く異なり、とても面白い体験をしました。
私自身も含めて、まだ互いの名前すら覚えきれてはおらず、年齢もバラバラ、ましてやそれぞれの方の背景なども知らない状態でしたので、全員緊張していましたが、意見を聞きあうなかでそれぞれの人柄を垣間見ることもできました。
また自分の意見を言うだけでなく、フロッタージュを実演するためにわざわざ色鉛筆を持ってきた方など、入念に準備をされる方もいてとても刺激になると同時に、今後のインターン活動がとても楽しみになりました。
今回のリーディング会では「フロッタージュを通じて、木々と対話をする」「御神木等自然と自分たちのつながり」「昔からあるものを次世代につなげる」等のキーワードが挙がってきました。
また、東日本大震災に伴う福島での原発事故が文章のカギになっていたので、自分たちの私生活や実体験も含めそれぞれに思うことがあり考えやすい内容であったのかなというように感じました。
特に、自然を自分たちの都合で変えてしまう人間の身勝手さについての意見、木々などの自然の命に関する意見が多く付箋に書かれていたように見受けられました。
リーディング会をすることが初めてでしたので、時間配分がわからず超過してしまったり、すべての意見をまんべんなく共有できなかったなどの反省点は多々ありましたが、今後はこの反省を生かしていきたいと思います。

植森侑子(ABIインターン)
7月8日(木) 19:30〜21:00
2016年度のインターンプログラムがキックオフしました。
今年は10名。仕事も興味関心も、実に多様な方が集まりました。
今のところわかっている共通項は、「ART BRIDGEを読んでいる」ということだけ。
インターンプログラムのレポートは、随時ABIのホームページにて公開していきます!
photo by Akihide Saito
インターンプログラム 活動レポート⑦

ブリッジトーク9回目、今回は現代美術家として活躍する丸山芳子さんをお迎えしてのトークでした。
当日はインターンの数名が会場設営や受付などのお手伝いをさせていただきました。
私が会場についた際、まず目に飛び込んできたのは天井から吊るされたオブジェでした。映像関係の確認をしていた最中であったため会場内は薄暗く照明が落とされ、スポットライトだけが丸山さんの作品であるそのオブジェを浮かびがらせていました。オブジェはシャンデリアのように、もしくは何か偉大なものの羽化を待つさなぎのように、きらきら、くるくると回転し続けていたのが印象的でした。
今回のブリッジトークのテーマは「精神の〈北〉」。「精神の〈北〉」は、丸山芳子さんが行っているアートプロジェクトです。「ひとりひとりの内なる〈北〉、精神の〈北〉とは何か?」という問いをテーマに、東北や世界の北方からアーティスト、研究者を招き、家屋を利用したアート作品の展示やシンポジウムの開催を行っています。
「精神の〈北〉とは、ひとりひとりの意識の中にある北。けして、東西南北の北に限定する話ではない」と丸山さんはお話しされていました。また「『あなたの心の〈北〉は?』という問いかけから始まる精神飛行」とも解説してくださいました。このトークが始まるまで、私が想像していた「精神の〈北〉」は日本における北国の伝統や郷土性だと考えていました。しかし丸山さんの「あなたの心の〈北〉は?」という問いかけを聞いたとき、私自身も意識がふわりと宙に浮いて、「私の〈北〉」を見つけにどこかへ旅立ちそうな感覚を覚えました。しんと静まり返り、丸山さんの穏やかな話し声だけが聞こえる会場内で、同じように精神飛行に旅立ってしまった来場者も多かったのではないでしょうか。 

今年は例年まれにみる暖冬で、ブリッジトーク前日までは日中コートを手に持って歩く人も多くみられるほどのあたたかな気候が続いていました。そんな気候と打って変わり、イベント当日は風の冷たさが頬を刺す寒さ厳しい日となりました。片付けが終わった会場を後にし冷たい北風に身を屈めた際、トークの中で港ディレクターが仰っていた「今日はこんなに寒くなるなんて、もしかすると丸山さんが〈北〉を運んできたのかもしれませんね」という言葉を思い出しました。

室内直美(ABIインターン)
12月17日(木) 19:30〜21:00
3331 Arts Chiyoda 3F アーツカウンシルROOM302
インターンプログラム 活動レポート⑥

駅ではクリスマスケーキを買う人の列が目立つ中、Art Bridge Institute(ABI)のインターンプログラム5回目の活動日でした。
今日は前回のプログラムで発案されたリーディングイベントの企画構築に向け、流れを把握するためインターンメンバーで予行会を実施しました。

現段階のアイディアでは、指定したテキストを元に参加者がディスカッションをすることになっています。まずは事前に指定されたテキスト(今回はArt Bridge Issue#01の4ページから11ページ)を読み、考えたことを一つずつ付箋に書き留めた上で会に持ち寄り、そこで全ての付箋を閲覧出来るよう机に貼り出す…という流れです。集められた付箋がずらりと並ぶとなかなか壮観で、その量にまずは視覚で驚きました。
次に付箋の内容を各自順に説明していきます。文章の内容に対する意見や疑問、なぜ気になったのか、など。付箋に書かれた意見を読んでいると一つ一つが独立した思考のように思えましたが、その人の言葉で語られると、1枚からは読みきれなかったその人の着眼点の拠り所が見えてきます。そこからは各々がはっきりと違う見方をしていることがわかりました。また見方は違えども、意見に挙がる共通したキーワードも浮かんできました。
ここで皆から挙がった「フラット」という言葉が議題となります。
「役割や立場に縛られないフラットな環境が相互理解を育む」と見解を述べる人に「フラットであることは大切だよね」と同意する人がいて、「その状態を維持するためにはどうすべきか」と問いを投げかける人、その隣に「フラットって具体的にどういう状況?」と首を傾げる人。ディスカッションは参加者の知識量を摺り合わせることがとても難しいと思います。しかし、話していく中でそれぞれの物の見方や背景が個性として立っていく様子は何より面白い体験です。
この予行を通して、私は文中にある「多様性の創造の楽しさ」を体感し、イベントの意義を掴むことが出来ました。それと同時にまだ着地点の見えない状態であることも痛感しつつ。
この楽しさを参加して頂いた人にしっかりと伝えられ、実りある時間を創れるように、年明け後からもブラッシュアップを進めていく予定です。

片田美晴(ABIインターン)
12月24日(木) 19:30〜21:00
3331 Arts Chiyoda 3F アーツカウンシルROOM302
インターンプログラム 活動レポート⑤

この日は、8回目のブリッジトークのゲストとして、「いいたてミュージアム」の運営に携わっていらっしゃる、福島県立博物館学芸員の小林めぐみさんがいらしてくださいました。

いいたてミュージアムは、東日本大震災(3.11)の時の原発事故によって比較的離れた場所であるにも関わらず、気候条件や土地柄、放射能汚染がすすんでしまった飯舘村という村にまつわるものです。厳しい自然条件の中、村に住む人々は村をみんなのものとして捉え、協力して村づくりをしていました。そんな豊かな情景があったにも関わらず、住むことができなくなってしまった村の「記憶」を記録するため、いいたてミュージアムは活動しています。いいたてミュージアムは、飯舘村でのご縁を大事に村に寄り添い、飯舘村の復興とは何かを模索しながら活動をしている「いいたてまでいの会」の取り組みのひとつです。「までい」というのは、両手を意味する古語からきており、現地の方言で「手間ひまいとわず」「丁寧に」という意味だそうです。いいたてミュージアムの活動は、まさに「までい」なもの。ひとりひとりにお話を聞いて、その人自身の語る「言葉」と暮らしの象徴である「もの」を集め、展示しています。集められたモノは、例えば個人のアルバムの中にあった写真や普段の生活の中でチラシを使って作ったゴミ箱など、本来ならあまり公の場に出てくることのないような「もの」です。それをあえて展示するのは、話をきくだけでは個人のストーリーにとどまってしまう可能性のあることを、「もの」として見ることで自分たちのこととして考えてほしいという思いによるそうです。

アーティストの岡部昌生さんのフロッタージュプロジェクトについても話はつながっていきました。アートという言葉は都合良く使われてしまいがちな言葉ですが、何者でもないアーティストが入ることによって、その土地の記憶がなにげないところから浮かび上がってくるといった趣旨の、港ディレクターの話がありました。話すきっかけや場をつくることによって、形のある結果を求めるのではなく、何かを一緒に探しにいくための余白をつくるアートの側面を大事にしていきたいとあらためて感じました。

この日の小林さんは、会津の桐下駄を履いていらっしゃいました。下駄は歩くたびに、指の付け根がぎゅっとし、一歩一歩の実感と自らの足で歩いているというリアルな感覚があります。「福島が何か未来に役に立ったとき、やっと報われる」という小林さんの言葉がありましたが、いいたてミュージアムのような、まさに下駄で歩くときのような自分たちのリアルな感覚を大事にした活動が、未来へつながっていくのではないかと思います。


高野英江(ABIインターン)
11月19日(木) 19:00〜21:00
3331 Arts Chiyoda 3F アーツカウンシル東京ROOM302
インターンプログラム 活動レポート④

Art Bridge Institute(ABI)のインターンプログラムも3回目の活動を迎えました。10月下旬に行われたABIフォーラムの穏やかで、やや汗ばむような陽気から1か月経ち、この日は外の風が冷たく感じられるような気温でした。季節が秋から冬になったこと、そしてインターンプログラムが折り返し地点であることに気が付き、時間の早さに驚かされます。

今回のリーディングを行った『ART BRIDGE』 issue# 02号の特集は「わたしたちの知」。まず、インターンメンバーで気になった箇所を共有しました。この日は特に、ブリッジトーク05のゲストであり、『「写真の町シバタ」』の実行委員である原亜由美さんの記事から、写真というメディアのあり方について話し合いました。カメラのデジタル化が進み、スマートフォンの普及も相まって写真を撮ることが気軽に行われるようになった現在、紙媒体の写真を残すことの意味とは何か。写真を「撮る」という即時的行為が、実は私たちをインタレストの外側へ導く機会となっているのではないか。過去の写真や映像を現像するための機械自体が少なくなっているということは、過去を振り返る経験の喪失につながるのではないか……。等々日常の体験に基づく話から、過去と現在、さらには将来の写真のあり方の話まで多様なことを考えました。
また、年代ごとに流行したカメラの移り変わりについて事前に調べてきてくださったメンバーの方もいました。1990年代のカメラを振り返って、「懐かしい!」という声や「知らなかった!」という意見も飛び交う中、カメラの形式や撮る頻度、対象は変化しても、写真が私たちの生活に深く関わるメディアであるという点においては今も昔も共通しているのではないかと改めて感じました。
そして、プログラムの後半ではART BRIDGEの配付計画について話し合いを進めました。メンバーで配付してみたい場所を挙げたり、そこでどんなイベントを行ってみたいかについて考えました。具体的な話も出て、今後の配付活動が楽しみです。 

久保田穂波(ABIインターン)
11月27日(木) 19:30〜21:00
3331 Arts Chiyoda 1F コミュニティスペース
インターンプログラム 活動レポート③


夏に戻ったような暑さの中、10月24日にArt Bridge Institute フォーラム「言葉の宇宙船‐印刷物と思想の共有をめぐって」が開催されました。ゲストに芹沢高志さん(P3 art and environment 統括ディレクター)をお招きし、トークを行いました。会場には多くの参加者と、ABIにご縁のある方々がお越しくださいました。そして、この日のためにABIにゆかりのある団体のみなさんが送ってくださった印刷物も、机にずらりと並びました。会場の準備や運営にあたった私たちインターンメンバーも、準備をしながら「全部読むのにじっくり時間がほしいね!」と話をしました。

まず芹沢さんに講演をしていただき、その後の港ディレクターとの対談では、1968年に創刊された『Whole Earth Catalog』 をはじめ、芹沢さんご自身がお持ちの印刷物も紹介していただきながら話は進んでいきました。時代に向き合い思想を伝えてきた雜誌が、今という時代に何を語りかけているか、耳を傾けてみたいと思いました。
休憩時間には、ワイン醸造用葡萄ジュースやビネガードリンクをお配りしました。トーク終了後の交流会では、参加者の皆様も気になった印刷物をお手に取っていました。
 
参加者の皆様に混じって冊子を見ていた私に声をかけてくださったのが、雜誌『las barcas』のメンバーである仲宗根さんと井上さんでした。お話をする中で印象深い言葉に出会いました。それは「雑誌をつくるにあたって、誰かや、何かに向けられた意識はあるかどうか」とお尋ねしたときに返ってきたものでした。
「『沖縄』を語るとき、どうしても紋切り型の政治性がついてきてしまう。アートにおいて、身体とは、風景とは、関係性とは何かという問いの中から、自分たちのつくりたいもの、表現の場をつくりたいという気持ちではじめたんだ」
という内容でした。追い求める表現や、つくるということの意味について考えさせられました。

ABIの活動が築くface to faceの関係を、会場に並んだ素晴らしい印刷物の数々やお越しいただいた方々と共有した時間の中で、感じられたように思います。最初の芹沢さんのお話の中で、「飛行物体のような、よくわからないものに出会っていけたら」という言葉がありました。それぞれが過ごした時間の中に、何かに出会うきっかけがあればいいなと思います。

後藤響子(ABIインターン)
10月24日(土) 15:00〜18:30
3331 Arts Chiyoda 1F コミュニティスペース
photo by akihide saito
インターンプログラム 活動レポート②

Art Bridge Instituteのインターンプログラム2回目の活動を行いました。
2回目の活動日に先立ち、インターンメンバーは三ノ輪にあるスペースundōへリサーチに訪れていました。今回はまず、その際のレポートの共有からスタート。
この日は3名がレポートを発表しましたが、三者三様にまったく印象の違うレポートが発表されました。同じ場所で同じ時間を過ごしたはずが、書き手によってこうも内容が変わるものかと全員が驚嘆。それぞれに感想や意見を出し合いました。前回は参加が叶わなかったABIの港ディレクターも参加し、レポートの書き方についてアドバイスをいただきました。

そして『ART BRIDGE』のリーディングへ。今回から毎回リーディングの際にテーマを設けることになり、この日のテーマは「食」。港ディレクターから「今後、地域系のアートプロジェクトには“コミュニケーションとしての食”が欠かせないものとなる。今一度、食に対して深く考えてみてほしい」とテーマについて解説をしていただき、インターンメンバーやABI事務局スタッフそれぞれが「食」についての事例や経験、自身の体験などを話し合いました。「食」という、身近なようでなかなか捉えがたいテーマではありましたが、テーマ設定があったことで議論が活発化し、前回よりもたくさんの意見が交換できたと感じました。
最後は10/24のABIフォーラムに向けてミーティング。それぞれの役割分担も決まり、インターンメンバーも気合十分に当日を楽しみにしています。

室内直美(ABIインターン)
10月8日(木) 18:00〜20:00
3331 Arts Chiyoda

参考
第2回「土地と力」シンポジウム『実りの食卓-コミュニケーションとしての食-』
多摩美術大学芸術人類学研究所

Art Bridge Instituteのインターンプログラムの1回目の活動を行いました。
初めてということでまずは自己紹介からです。メンバーは学生さんを中心に、各所のアートプロジェクトへ積極的に参加されている方が多く参加されていました。また専門分野は様々で中には音楽を学ばれてる方もいたり。面白くなりそうな予感がします。
お互いのことを知ることが出来たところで早速活動へ。
今回は ART BRIDGE Issue#01の、4ページから13ページを読みながら、お互いの考えたことを共有、交換するリーディング会をしました。
ここには小山田徹さんの活動から見えてくる「アートの連結力」について書かれています。この文章を通してメンバーが考えたこと、感じたことの意見を、それぞれ気になった点を日常の体験談などと交えて考えました。
文中にて小山田さんは「他の世界に出かけていって、それぞれが持っている力が有効に作用した時に、スキルと呼んだらいいんじゃないか」と仰っています。
メンバーは分野も世代も違いながら、Art Bridge Instituteという世界に集まりました。各々が持ち寄った知識や経験がここで上手く作用し、活動に生きていったなら、それはArt Bridge Instituteのスキルと呼べるようになるのでしょうか。そんなスキルが見つけられたらいいなと思います。
そこを目指して、当面の目標はARTBRIDGEを配布しつつ活動を知って頂き、ネットワークを広げていくことです。時間はかかりますが、足を運んで直接届けしていくことに力を入れていきたいです。

片田美晴(ABIインターン)

9月10日(木) 18:00~20:00
3331 Arts Chiyoda

記事一覧