ブリッジの作り方シリーズ10|地霊 編
更新日:2015.12.07
※イベントは終了しました。
Poulnabrone Dolmen, The Burren, Ireland, 2015
1/ 21(木) 19:00 - 20:30 @3331 Arts Chiyoda 3F アーツカウンシル東京ROOM302

今回は、アーティストのスザンヌ・ムーニーさんをゲストにお迎えします。
ムーニーさんは、風景と人間の結びつきを見つめながら、インスタレーションや写真などの作品を制作しています。今回はアイルランドの歴史や文化を、文字の刻まれた石やそれが残る大地の様相から紐解きつつ、自然のなかから世界観を立ち上げる想像力についてお話いただきます。

ブリッジトーク5~7では、専門家やアカデミズムの研究で生まれる「専門知」とは異なり、市民が主体となった活動から生み出される知識の創造「市民の知」をテーマに考察しました。ブリッジトーク8〜10では、大地や自然との連続性をもった生活と歴史、そしてアートの関係を考えていきたいと思います。


【開催概要】
日 程  平成28年1月21日(木)19:00 - 20:30(開場18:30)
場 所  3331 Arts Chiyoda 3F アーツカウンシル東京ROOM302
ゲスト  スザンヌ・ムーニー(アーティスト)
ホスト  港 千尋 (写真家 / 著述家 / Art Bridge Instituteディレクター)
参加料  無料
定 員  先着30名

申 込  ※要事前申し込みは1/20 17:00で締め切らせていただきました。
     なお、当日受付(若干席数)も行いたいと思います。
     事前申し込みがお済みでない場合も、直接会場にお越しください。

主 催  東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、
     NPO法人Art Bridge Institute

※事前申込は1 / 20(水)17:00まで。
※お寄せいただいた個人情報は厳重に管理し、本事業の運営およびご案内にのみ使用致します。
※事前申込の段階で定員に達しない場合は、当日受付を行います。受付情報はfacebookページをご覧下さい。

-------------------------

スザンヌ・ムーニー/Suzanne Mooney(アーティスト)

1979年ダブリン生まれ、東京在住。2014年多摩美術大学博士課程修了、2005年アイルランド国立美術大学「ヴァーチャル・リアリティーズ」専攻の修士課程を卒業。アイルランドでArts Council of IrelandやCulture Irelandなどから助成を受けて活動し、2009~2014年は文部科学省国賓留学生として来日。
雑誌『Aesthetica』の年間賞を受賞(3,500名応募)。日本とアイルランドで個展を行い、アーティスト・イン・レジデンスでは、アイスランド、スペイン、韓国などで制作と展示をした。アーツプラクティスは、ビジュアルアーツの景観の表現で、我々の住んでいる空間のグローバル化、都市化、技術の急速な発展の問題を反映させることを表示する。2014年より多摩美術大学非常勤講師。2015年~2016年、黄金町アーティスト・イン・レジデンスプログラム参加中。

なお、スザンヌ・ムーニーさんはブリッジストーリーに連載中です。
こちらも合わせてご覧ください。
End of Season, Nagano, 2015
And Beyond, Iceland, 2006
Line, Kyoto, 2014
And Beyond #2, Northern Ireland, 2013
Basalt Study, Northern Ireland, 2013