江上賢一郎
Kenichiro Egami
オルタナティブ・アジア
今、アジア各地で異種混交的な文化シーンが生まれている。それはアート⇆コミュニティ⇆アクティヴィズムのカテゴリーを越えて、互いに影響を及ぼしあうことで「新しい生き方」や「社会のあり方」の可能性をより広く提示し、実践しようとする動きのことだ。このまだ名前を持たない「動き(ムーブメント)」は、それぞれの場所に根付きつつも国境を越えた往来や交流を通じて、アジア圏(そしてそれを越えた)にまたがる草の根的恊働・相互扶助のネットワークを作り出している。「オルタナティブ・アジア」では、そのようなネットワークを通じて出会った人や場所を取り上げ、この汎アジア的な文化/運動/芸術の交流圏の現在進行系の姿を伝えていきたいと思っている。
00 プロフィール
江上 賢一郎(アート•アクティビズム研究 / 写真家)

1980年福岡県生まれ。早稲田大学、ロンドン大学ゴールドスミス校 文化人類学修士課程修了。イギリス留学中から、アートとアクティヴィズム、オルタナティブな自律空間をテーマにフィールドワークを行う。現在は福岡を拠点に、アジアのアクティヴィズムとアート、コミュニティプロジェクトの領域を横断するネットワーク作りとリサーチを継続中。 共訳にデヴィッド グレーバー『デモクラシー・プロジェクト: オキュパイ運動・直接民主主義・集合的想像力』(航思社)。論文 に"Art of the Nuclear War-Collective Creation and Movements" (Doxa,HongKong)など。

Web http://www.kenichiro-egami.com/

記事一覧