アルカディリ・モニラ
アルカディリ・モニラ
Monira Al Qadiri
私は現在「Pre-oil」(石油前)「 Post-oil」(石油後)の観点からアラビア湾岸地域の過去と未来をつなげようと制作やリサーチを行っています。特に私の出身地のクウェートでは、Pre-oilの世界は文化的に完全に消されたので、石油の価値がこのまま下がり続けると、国自体が崩壊するという危機感を日々感じています。まるで国が会社化し、我々は国民ではなく株主へと変身してしまいました。新自由主義経済が我々の遺産になり、歴史と合体しました。石油のストーリーを個人的な観点と社会的な側面から取り組みます。
石油産業は公の目を常に避けている業界である。このような現状は主にセキュリティを理由に維持されているが、闇に覆われ隠された結果、石油というものの存在が人の営みから遠くなり、まるで形而上的で不思議な別世界の生き物に化けてしまったのだ。密教のような石油業界の中で石油は魔法の力をもって巨大な財産を生み出し、人口的な機械やテクニカルな専門家や汗を流す労働者からは遠く離れたものへと変わってしまった。

では、この異質な世界を目に見える形で映し出すにはどうすれば良いのか?我々の都市や体まで変身させた石油というものとどうすれば実質的な親近感を持ち得るのだろうか?

私はまず石油産業の中で使われているあらゆる機械を細かく見る事で、決定的な「形」を見出そうとした。ウイスキーの樽から形を借りたクラシックな石油バレルや、海の中に高層ビルのようにそびえ立つオイル・リグ。新しい石油畑を見つけ出すために音の信号を地面に送る「バイブレーショントラック」や、一度に数千バレルを運ぶ巨大なタンカー船。これらのパーツは様々な魅力的な形状を持っているが、「決定的」なものだとは感じなかった。

最も象徴的な形を探るために、私は何度もなんども石油産業を色々な観点から見る習慣を身につけた。まるでイメージを「掘る」プロセスだった。そして最後に、私の目線を避けていた完璧な候補者を見つけたのだ。それは石油ドリルであった。地面を掘る石油ドリルは実にファンタジックな形を持ち、まるで海の底に眠っている海洋生物やタコのような容姿をしている。今にも動き出しそうな雰囲気まで醸し出す生々しい形だ。掘る力を強化するためにドリルの表面には常に金やダイヤモンドが使われ、さらに豪華で幻想的な趣を作り出している。

私はここ数年、多様で、色とりどりの石油ドリルの形をリサーチした。難しい専門用語を使い、時に分からない言語で書かれている石油会社のカタログのページを何冊もめくった。要するに、私はこれらの機械のイメージと形を使って、ある種のモニュメントを作ろうとしていた。過去を持たない石油世代にとっての記念碑が生み出せるのではないかと考えていた。
“Study of the shapes of oil drills," Monira Al Qadiri (2015)
The Shape of Extraction

The oil industry is very much a secret industry concealed from public view. It is said that this situation is primarily security related, but it has a compounded effect: it creates an air of mystery and unknowingness about the nature and mechanics of oil extraction. This secrecy transforms oil into a metaphysical wealth-producing magical creature, far removed from manmade machines, specialized technicians and sweating laborers.

How do we find a way to make this alien world visible to us? How can we create a sense of intimacy and affinity with this energy source that transformed our cities and bodies, but eludes our sight at the same time?

I attempted to find a definitive “form” for this industry by first looking at the machinery that is used within it: the classic oil barrel (originally owing its form to a whiskey barrel); the towering sky-scraping oil rig out in the sea; the elaborate ‘vibrator truck’ sending signals to the ground to find new oil sources; the huge tanker ships that can carry thousands of barrels at a time. All of these elements contained interesting forms and shapes, yet I did not find them to be ‘definitive’ somehow.

I looked at the different parts again and again, trying to ‘dig’ for a better shape. I continued this process until I discovered the central cog that had eluded me this whole time – the perfect candidate: the oil drill. Oil drills have magnificent fantastic shapes, often resembling marine creatures or octopuses living in the bottom of the ocean, looking organic as if they are about to make a move. They are usually covered in gold and diamonds to help them drill better, making them seem even more magnanimous and opulent.

I began to research the shapes of these drills over several years, searching through technical words and phrases to be able to find more and more different types. I scoured through catalogue after catalogue of international oil companies, often in languages I do not understand, trying to find the optimal shape. In short, I was attempting to monumentalize these machines somehow. I wanted to create a monument for a post-oil generation without a past.


Monira Al Qadiri
私は若い頃から、石油以前の世界と石油以後の世界を 歴史的に繋げる事が出来なかった。石油以前のクウェートの 生活は貧しく、街が全く開発されず、そして人々の収入源は真珠だけであった。真珠採り潜水夫、真珠商売、真珠船造り、真珠採り潜水夫の音楽や歌。実は私の祖父も真珠船上の歌い手だった。このようなアラビア湾の素朴な生活は千年以上も続いたと言われている。私たちは皆、真珠という名の神を崇拝していた。全ての思い、会話、仕事はその周辺に動いており、他の事は全部二の次と捉えられていた。

ところが20世紀の半ばに石油が登場し、その素朴な生活は二度と現れる事はなかった。過去が完全に消されてしまった。
侵略する宇宙人のように、石油は街を変え、異様な生活の仕方を生み出し、そして私達の体までも変貌させたのであった。
政府はメディアやミュージアムを使って、我々に歪んだ「文化」のイメージを売ろうとする。「これがあなた達の固有の文化形態、遺産、そしてアイデンティティーなのだ」と必死に国民を説得する。ただ、ディズニーランドのような安いロウで飾られたジオラマやフェイクな 遺跡村を見ると、その過去がもっと離れているように見え、まるで神話の世界に入ったかのようだ。
過去はある種のフィクションと化した。

外から見ると、私達はまるで歴史のない人々に見える。

それはもちろん虚言だが、 そう考える人を責める事はできないのだ。
なぜなら歴史はどこかへと飛んで行ってしまったからである。

私は最近、この歴史の断絶を少しでも治す方法を作り出そうとしている。

様々な側面から長く考えた末、プレ・オイルとポスト・オイルの一つのラディカルな繋げ方を創造した 。それは「色」だった。

実は真珠と石油は同じ色を持っている。それは玉虫色のようなダイクロイックカラーなのだ。この色を歴史のエッセンスとして想定できる。時代を渡って形を変えるが、アラビア湾の財産作りは今までずっとこの色に関わっていた。

現在私はこの色について研究をしており、それに関わる作品やテキストや神話を作っている。石油に価値がなくなった後でも、この色が一つの場所の象徴となり、未来に向かって生きていけるようになる。

PearlsandOil
Ever since I was young, I have unable to link the world before oil in Kuwait to the world after oil. Life in Kuwait before oil was very poor, under developed and almost completely dependent on one industry: Pearls. Pearl diving, pearl trade, pearl boat building, music for pearl divers. Indeed, my own grandfather was a singer on a pearl diving boat. This rustic life on the coastal Arabian Gulf is said to have continued for thousands of years. It was said that we were all slaves of one master – Pearl. All thought, all conversation, all employment, turns on that one subject; everything else is merely by-game, and below even secondary consideration.
However, in the mid-20th century oil came into our world and wiped away this entire way of life forever. The past was effectively erased.
Like an alien invasion from outerspace, oil transformed our cities, our livelihoods, and even our bodies to a point of no return.
Local governments use their museums and media to “sell” a distorted version of this history as being distinctly ours; they may say this is your culture, this is your heritage, this is your identity. But because it is only animated by dioramas of wax figurines in Disney-esque fake heritage villages, it feels very distant, almost mythical.
The past has been rendered into fiction.

From the outside, it appears to many as if we have no history at all.

This is of course a lie, but I don’t blame those who feel that way.
For it feels like history has gone and disappeared somewhere.

I have been contemplating how to bridge this huge rupture caused by oil in the narrative of this place.

After much thought and deliberation, I found one radical link that can be applied to both the pre- and post-oil world: color.

I found that the color of pearls and oil comes from the same dichroic color spectrum. This color symbolizes the essence of the history of this place. The color of wealth production in the Gulf has always been the same, it just mutates over time and space.
I am developing extensive research of this color, and creating artworks and myths around it, so that it can live on in the future and articulate itself in our world even after oil has become worthless.
クウエート国籍のアーティスト。1983年セネガル生まれ。2010年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現領域博士後期課程修了。中東を中心に「悲しみの美意識」やジェンダー問題を取り上げ、宗教と文化的アイデンティティーが失われていく事を作品のモチーフにしている。2013年から「GCC」というアーティスト集団のメンバーになり、翌年ニューヨークのMOMA PS1で個展を行った。現在アムステルダムのアーティストレジデンス「ライクスアカデミー」を拠点としながら、世界各国で展示やレクチャーを行う。
http://www.moniraalqadiri.com/

記事一覧