坂田太郎
坂田太郎
Taro Sakata
土地通い
ひとつの土地に通っている。神奈川県横浜市。観光客で賑わう臨海部から南西へ15キロ。内陸部の郊外住宅地のなかに、ぽっかりと空地のように広がる直径1km、円周3kmの円形の土地がある。その土地へ、隣接する幼稚園に子供の送迎のため通っていた父親は、いつしか気まぐれにカメラで記録するアマチュア写真家となり、偶然の出会いから素人の家庭菜園家となる。その後、土地の「返還」という大きな出来事を前に、美術家3人に声をかけ小さな活動を始めると、彼・彼女らと通うなかで、コーディネーター、資料収集家となり、土地にまつわるささやかな資料室を開設する。
ひとつの土地に通うなかで、そこでの労働のかたちが、横へ横へとずれていく。ずれるなかで、その土地の別の様相が見えてくる。7-8年が経過しただろうか。進行形ではあるが、このドリフトが残した跡をふりかえり、この土地で見たこと、感じたことに、自分なりに言葉をあててみたい。
3
横濱開港150周年 深谷通信所跡地利用 アイデアコンペ
事前登録 09.6/22(月)締切
作品受付 09.8/3(月) ▷ 09.8/24(月)
横浜から始める首都圏の環境再生
直径1km円形(日産スタジアム11個分)の空間活用アイデアを募集します!


趣旨:深谷通信所は、2004年に日米政府間で返還方針が合意された横浜市内の米軍施設です。返還後の跡地利用について、直径1km円形形状(面積約77ha、全域国有地)という特徴を活かした、首都圏における貴重な大規模空間資源にふさわしい創造性あふれるアイデアを広く求めます。

(深谷通信所跡地利用 アイデアコンペ チラシより)
園庭の奥に二階建ての木造の園舎があった。中には吹き抜けの広場があり、それを小さな教室が囲んでいた。ある夏の午後、円形の土地が良く見える教室に、父親十数人と子供たちが集まった。一枚のチラシが回された。横浜港の開港150周年を祝う記念祭の一環で、円形の土地を対象にアイデアコンペが開催され、跡地利用について広く意見を募るという。これまでも、そしてこれからもこの土地は子供たちの大事な遊び場だった。
「親父の会で参加したいと思うんです」
夜間高校で家庭科を教える父親が音頭をとった。奥から麦茶を手に園長が現れた。
「未来の子どもたちにとってこの場所がどうなったらいいでしょう」

園長は大人にも子どもにも率直な小柄の女性だった。40数年前に彼女がこの地に赴任してきた頃、周囲で宅地開発が進むのとは対照的に、田畑に谷戸川、松や楢の林など、ここはかつての面影を色濃く残す場所だった。朝の通勤時、現在の倍はあった雑木林を前に、彼女はショスタコービッチの『森の歌』を口ずさんだ。ロシアの森とスケールは大きく異なるが、それを想起させるほど、緑深い風景がここにはあった。春の芽吹きの時期は本当に美しかった。
ある日、林に丸太が転がっていた。彼女と子どもたちはその丸太に乗って遊んだが、そこが資材置き場になるのにそう時間はかからなかった。どこからかダンプカーがやってくるようになった。廃材や資材を山のように積んだ荷台を傾け、走り去る。しばらくして重機が運び込まれ、土地を真っ平らにする整備が始まった。この光景は数年にわたってここの日常となり、その周囲に住む誰もが目に焼き付けた。次第に子どもたちがお弁当を食べた林は薄くなり、小川は用水路に、芹が自生していた田んぼの畦は平らになった。子どもたちは積まれた廃材や資材に登った。大雨の後、増水した用水路はザリガニでいっぱいになった。園とPTAは米軍に陳情書を書いた。
「ほら見てリスがいる!」
突然窓の外を指差して彼女は言った。
「そこそこ。いつも3匹で来ているんだけど」
親父の会の面々は、製造メーカーに技術者として勤める者、橋脚の建設に従事する者、塗料の研究者……、あいにくコンペのテーマである「首都圏の環境再生」を専門的に考えられる者はいなかった。「新たに公園を整備する、施設を建てる、そうしたアイデアはどうも賛成できない」「子どもたちの原っぱのような今の状態を次の世代に残せたら」 それぞれの思いを語り合い、それを申請書類に描き込んで提出した。コンペは国内外の大学研究室、プランニング会社から応募が集まる本格的なものだった。一次審査で落とされたが円形の土地への興味が失われることはなかった。コンペが未来への関心を呼び覚ましたからだ。ここが通信基地として必要な時代はとうに過ぎ去っていた。正式返還は近く、数年すればここの風景は一変する。

横浜の臨海エリアは開港祭で賑わっていた。正式名称は開国博Y150。150年前の横浜の開港の記憶は開国の記憶と重ねられ、それは「国家の記憶」を喚起する一大イベントとなっていた。その一方で、この一大コメモレイションが実施したコンペは、遠く横浜の辺境にある一つの土地についての、記憶を巡る小さな議論を喚起した。コンペ入選者と審査員によるシンポジウムのレポート記事を読んだ。さまざまな意見が出される中、審査員と入選者のいくつかの発言に目が止まる。
審査員A「あの場所は昔から国有地ではなく、農家の方々が昭和12年に旧海軍から僅かな額で強制的に譲渡を迫られるという無念な思いの残る土地であることを、利用にあたって真剣に考えなければなりません」
入選者B「鉄塔はシンボルタワーとして残し、米軍施設があった土地の記憶として活かせればと思います」
審査員C「鉄塔の活用と歴史が分かる施設の併設を望みます」
土地接収は地元の町内会長の発言だった。私は彼の話から園庭にひっそりと立つ記念碑を思い起こした。

生協住宅の建設に奔走したのは、1905年に朝鮮の端川で先祖からの土地を奪われた農家の子どもだった。彼は満州を経由して東京へ、戦時下の日本で労働者組合運動に参加し、戦後の横浜で横浜生協を創立。日本の消費者流通に大きな影響を与えた。労働者の要望に応えようと住宅造成の候補地を探した結果、彼はこの土地に辿り着く。東アジアを横断する、もう一つの土地を奪われた者の話を、誰かが残した小さな記念碑が語り継ぐ。
日本軍による接収の記憶、土地を奪われた無念の記憶、米軍基地の記憶、これら一つの土地に交錯する幾つかの記憶は、未来の想起に向けてどのように形象化されるのか。発言にあったような、シンボルの保存、歴史館の建設がなされるとして、それは誰によって、またどのような判断のもとに。

立入禁止区域の正面ゲート脇の掲揚棒から、いつのまにか星条旗と日の丸が消えていた。
私は暇を見つけては一人土地に通い、歩きまわって写真を撮るようになっていた。
参考文献
『深谷通信所跡地利用 アイデアコンペ 報告書』(横浜市、2010年)
『ある人間像—菊田一雄と日本の協同組合運動—』(編集刊行委員会、生活ジャーナル、1988年)
1
U.S. NAVAL PROPERTY
UNAUTHORIZE USE OF THESE ROADS EXCEPT BY AUTHORIZED FARMERS IN THIS AREA IS STRICTLY PROHIBITED AND PUNISHABLE BY JAPANESE LAW NO DUMPING ALLOWED AT ANY TIME


此処は米海軍用地に付き此等の道路の使用は固く禁じます。又、侵した者は日本の法律により処罰されます。但し、此等の地区にて農作業の許可をされた方々は除外されます。基地内への護美の投棄も禁止されています。
(境界線に立っていた看板の警告文 *原文ママ)


円形の土地の境界線には、柵もフェンスもなく、看板だけがあった。看板は日本語と英語で書かれていた。その土地は米海軍に管理され、正式名称を「深谷通信所」という通信施設だった。幼稚園はその土地の南西部に隣接していた。
看板の内容は物騒だったが、横には踏み固められてできた道があり、それは土地の奥へと通じていた。周囲に住む人々は、その道を生活道路と呼んで、日常的に使っていた。幾つもの生活道路が、その土地をショートカットするように貫通していた。
子供の幼稚園の下見で、私ははじめてその土地を訪れた。妻が見つけてきた幼稚園だった。自宅から少し遠く、自転車で20分ほどの距離だ。私はここに米軍基地があることを知らなかった。それから仕事前の時間のあるとき、子供を自転車で幼稚園に送り届けるのが私の役目になった。
 
基地には米兵はおらず、敷地内をパトロールする2-3名の日本人従業員がいるだけのようだった。境界線はゆるやかだが、中央にはフェンスで厳重に管理された立入禁止の一角があった。出入り用のゲートがあり、その前を通るとき、何ともいえない威圧感があった。
その一方で、電波干渉を避けるために設けられた通信アンテナ間の空地は、休閑地となり、様々な活動に使われる「余地」となっていた。
例えば、フェンスのエリアをぐるりと囲むように、どこまでも広がっているのは、大きさも形も様々な無数の家庭菜園だ。菜園ごとに畝の配置、作物の選択、支持体と手入れの仕方、物置小屋の構造などが異なり、これまでの創意工夫の積み重ねが独自の表情を与えている。菜園間の小道に一歩足を踏み入れると、見飽きることがない。菜園を耕作しているのは周囲に住む住民たちだった。荒れ地を彼・彼女らが自ら開墾したこと、そして各区域の「班長」に相談すれば無料で借りられ、自由に菜園ができることを知った。
また、天気のいい週末には、ここは野球の聖地になる。横浜市泉区、戸塚区を本拠地とする小学生、中学生の野球チームが、それぞれ各所にホームグラウンドをもち、理想的な環境で練習と試合に励む。あらゆる米軍基地の例にもれず、ここ深谷通信所も、かつて米兵が余暇のための野球場を整備したようだった。2、3面だったそれは、その後、熱心な父母たちの手によって、ひとつ、またひとつと増えて行き10数面に増えていった。
もちろん、この土地の使われ方は、耕作や野球などのスポーツに限らない。虫とりに興じる子供たち、大人たちも散歩をした。何をすると決められていないが好きに訪れることができる、そういう余地がそこにはあった。
通いはじめて2、3ヶ月が経った頃、基地の象徴だった送信用アンテナ28基の撤去工事が始まった。すでに日米間で返還の方針は合意されていた。


2
……氏はまた多忙な日常活動の中にあっても幼な子たちをこよなく愛し、尊ばれました。この地に生協なかよし幼稚園を創立するため尽力されたのも、このような氏の人柄と切り離しては考えられないことは明らかであります。
(園庭に建つ記念碑に刻まれた献辞より)

円形の土地と幼稚園の境界に一本の大きな桜があった。その下には小さな記念碑が建っていて、裏に献辞が刻まれていた。
幼稚園を含むこの一帯は、「生協団地」と呼ばれている。1961年、若者労働者の間で「安い土地を自分たちで手に入れよう」という運動が起こり、横浜市生活協同組合(横浜生協 *当時)が、電気も、ガスもなかったこの地にひとつの理想郷を作ろうと開発したものだ。団地内には、松、柳、桜の並木道が通り、子供たちの広場、お店、診療所づくりなど、住民の運動によって町づくりが行われた。幼稚園もその一環で、住民たちの手で設立されたものだった。
園から借りた創立30周年記念誌に、宅地造成当時のことが書かれていた。越してきた人々が当時、この土地、この地域一帯に対してどのような眼差しをむけていたのか、それを端的に伝える表現に目が留まる。

「横浜のチベット」

横浜にチベット? 住宅地が広がる現在の風景と、荒涼とした山岳地帯、チベット仏教の聖地ラサの風景が、どうしても重ならず不思議な感覚に陥るが、当時移り住んできた人々にとってこの土地は、遠路はるばるやってきた、つまり「辺境」と言いたかったのだろう。
都市部から離れ、松や楢など林、田、畑、谷戸川が広がる自然豊かなこの土地に理想郷をつくる。高度経済成長期、この「横浜のチベット」に多くの人が流れ着き、彼・彼女らが自らの手で、必要なものをつくり、少しずつ現在の風景がかたちづくられてきたに違いない。
 
子どもの送迎を続けながら、風景に圧縮された様々な時間に少しずつ興味を持ちはじめる。
撮影日:1961(昭和36).08.26 撮影:国土地理院   「地図・空中写真閲覧サービス」(国土地理院)
撮影日:2004(平成16).10.15 撮影:国土地理院 「地図・空中写真閲覧サービス」(国土地理院)より
[土地の略年表]
明治13年頃 1880頃
松や楢など林、田、畑、谷戸川が広がっていた。[*1]

昭和16年 1941年9月-1943年7月
東京通信隊送信所用地として直径1km、円周3kmの円形の土地の用地買収と整地が行われる。[*2][*3]

昭和19年 1944年3月15日
東京海軍通信隊戸塚分遣隊 開隊。[*2]

昭和20年 1945月9月
通信施設が連合国進駐軍に接収される。在日米海軍通信本部の送信基地となる。正式名称:深谷通信所(Fukaya Communication Site)[*4]

昭和37年 1962年8年
戸塚区和泉町の生協団地への入居が始まる。[*5]

昭和40年 1965年4月
生協なかよし幼稚園が開園する。[*5]

平成11年 1999年10月
基地司令官を配置せず、在日米海軍厚木航空施設司令部へ管理が移管される。[*6]

平成16年 2004年9月
日米合同委員会において、返還の方針が合意される。[*7]

平成23年 2011年
日本人従業員が0名。[*8]

平成26年 2014年6月30日
全域が返還された。[*7]

平成27年 2015年4月1日
暫定利用始まる。野球、ゲートボール及びグラウンドゴルフ、これまで利用して来た広場、市民生活上必要な通路に関して、横浜市が国より承認を受け、立入りが可能となる。[*9]

[*1]——国立研究開発法人農業環境技術研究所、歴史的農業環境閲覧システム http://habs.dc.affrc.go.jp/
[*2]——『郷土いずみ 第16号』(泉区歴史の会、2010年)
[*3]——『地図で読む 戦争の時代 描かれた日本、描かれなかった日本』(今尾恵介著、白水社、2011年)
[*4]——『横浜市と米軍基地』(横浜市総務局渉外部、1989年)
[*5]——『学校法人 生協なかよし幼稚園 30周年記念誌「なかよし」』(生協なかよし幼稚園、1995年)
[*6]——『神奈川の基地と米軍再編 調査レポート』(日本共産党神奈川県委員会、2005年)
[*7]——『横浜市と米軍基地』(横浜市政策局基地対策課、2015年)
[*8]——『横浜市と米軍基地』(横浜市政策局基地対策課、2012年)
[*9]——『旧深谷通信所の状況について』(横浜市政策局基地対策課、2015年)

*本略年表は資料や書籍より2016年6月坂田作成
1980年神奈川県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒業。在学中よりP3 art and environmentに勤務し、その後MeMe Design School、アサヒ・アートスクエア[NPO法人アートNPOリンク]の運営に関与する。P3ではAAF2006〜2008年事務局を、アサヒ・アートスクエアでは寺内大輔、岩渕貞太、蓮沼執太、山城大督との協働プロジェクト、北川貴好、福永敦の個展、ロングパーティー「フラムドールのある家」等のコーディネートを担当。現在はP3のリサーチャー、TARLのスクールマネージャーとして東京に通いながら、自宅のある横浜を拠点に「サイト・イン・レジデンス」を継続。主な役割はサイトにまつわる資料収集と整理と進行管理。
http://www.siteinresidence.org/

記事一覧