Statement
このたびArt Bridge Institute(ABI)は、アートが現代社会においてジャンルを横断しながら、人と人のつながりを作り出してゆくことについて、その研究や実践に取り組む団体として発足しました。

19世紀の産業化時代、20世紀の情報化時代を経て、今日の世界はネットワーク時代と呼ぶにふさわしい、つながりを実現しています。インターネット上に存在するものだけで、人類の総人口をはるかに超えるリンクが日々生まれています。 早晩モノと情報の境目はなくなり、モノとモノが通信する新たなサービスが、国境を超えて世界中の都市で始まるでしょう。技術的には可能な「超結びつき社会」の実現は、そこまで来ているように思います。

その一方で産業化時代、情報化時代に生まれた共同体はいまや高齢化や過疎化といった世界共通の問題を抱えて、肝心の人と人との基本的な繋がりを見失いつつあるように思います。

グローバル経済と開発資本主義によって産業の空洞化が進み、人々がかつて取り持っていた土地や自然との結びつきさえもが不確かになっています。人類は地球上の生物としては例外的な「根なし草」的状況に自らを追い込もうとしているようにも見えるのです。

アートは本来、人と人との間、人間と世界との間に、何らかの関係を作り出すために特別な力を発揮してきました。 それは共に作り、共に楽しむ「共感」の力です。その力は、技術が高度になり情報が専門化すればするほど、細分化されてしまう現代文化のなかでこそ、 生かされるのではないか。ジャンルの壁を貫通し、人が生きる場所に楽しさや面白さを発見するために、わたしたちはいろいろな橋を探したいと思っています。

かつて橋は通行のためだけでなく、生活の場所でもありました。石や木造だけでなく、船をいくつかつなげたもの、ロープを渡しただけのものなど、 橋の架け方にもさまざまな工夫があります。人や共同体のつながりにも、きっと多種多様な作りかたがあるにちがいありません。 新たな繋がりの時代に向け、共に創ることを通じての橋を架けていくのがわたしたちの希望であり、アートの貢献でもあると思います。

機関誌「ART BRIDGE」は現在各地で行われている取り組みやプロジェクトを紹介すると共に、クリエイティブな通行を作りだし、出会いや発見を生むための小さな橋でもあります。ささやかではありますが、ABIの第一歩はここから始まります。 どうぞよろしくお願いいたします。

『ART BRIDGE (issue#01)』より
About
アートが「現代社会においてジャンルを横断しながら、人と人のつながりをつくり出していくこと」について、その研究や実践に取り組む団体として、2014年に発足。
機関誌『ART BRIDGE』(年2回/見開きB3サイズ)の制作を軸に、Face to Faceでの交流を目的としたトークイベントや交流会、ART BRIDGEの手渡しの配付から生まれるネットワーキング活動、読書会などを行っている。
また、2016年からはP3 art and environmentとの共同出版プロジェクトや、Transit Republicなど、他団体やアーティストと連携しての出版活動や展覧会、リサーチプロジェクトなども展開している。


総合ディレクター 港千尋 MINATO CHIHIRO
1960年神奈川県生まれ。写真家・著述家。NPO法人Art Bridge Institute代表理事。
多摩美術大学美術学部情報デザイン学科教授(映像人類学)。早稲田大学政治経済学部卒業。2013年より国際交流基金国際展事業委員を務める。群衆や記憶など文明論的テーマをもちつつ、研究、作品制作、展覧会、出版、キュレーション等、幅広い活動を続けている。
著作『記憶-創造と想起の力』(講談社/1996)でサントリー学芸賞、展覧会「市民の色」で伊奈信男賞を受賞。2006年に釜山ビエンナーレ共同キュレーターを、2012年に台北ビエンナーレ共同キュレーターを務める。2007年にはヴェネツィアビエンナーレ国際美術展日本館のコミッショナーも務めた。あいちトリエンナーレ2016 芸術監督。

事務局
関川歩 / AYUMI SEKIKAWA
片田美晴 / MIHARU KATADA
齋藤彰英 / AKIHIDE SAITO

ネットワーカー
原亜由美 / AYUMI HARA(コーディネーター)
町田恵美 / MEGUMI MACHIDA(エデュケーター)
呂孟恂(通訳・翻訳)
高野英江 / HANAE TAKANO(エデュケーター)
Plan

ART BRIDGE
Art Bridge Instituteの活動を通じて編まれる機関誌。人や場所につながりを生み出すべく、毎号特集を組み、国内外のアートプロジェクト、社会実践、出版物を紹介。3〜4人で囲んで読めるよう、見開きB3サイズという大判で制作。手配りで配付している。
編集チーム|川村庸子 YOKO KAWAMURA (編集)、加藤賢策 KENSAKU KATO(アートディレクション / LABORATORIES)、北岡誠吾 SEIGO KITAOKA(デザイン / LABORATORIES)


Transit Republic
アート、人類学、ジャーナリズムをつなぎリアルタイムに制作と発表を行う新しいアクション。アーティスト、キュレーター、エデュケーター、研究者、編集者など、さまざまな背景を持つ人たちが一つの場に集い、展示、レクチャー、出版などを展開する。
プロジェクトディレクター|キオ・グリフィス KIO GRIFFITH(アーティスト•インディペンデントキュレーター)、江上賢一郎 KENICHIRO EGAMI (アートアクティビズム研究/写真家)、服部浩之(インディペンデントキュレーター)


ABI+P3共同出版プロジェクト
「いくつもの小さな本や出版活動が自生、共生する、生き生きとした複雑な世界を求めて」
Art Bridge InstituteとP3 art and environmentが、これからの文化発信の在り方を、実践を通して考えていくために立ち上げた共同出版プロジェクト。


BRIDGE STORY
つながりが新たなつながりを生む、クリエイティブな情報交換の場として、ABIのホームページで展開する連載。


お問い合わせ

Art Bridge Institute
E-mail art.bridge.institute@gmail.com
URL a-b-i.info 

本サイトご利用にあたって
著作権について
各サイトで提供されるコンテンツの著作権は、Art Bridge Institute または、寄稿者、撮影者など正当な権利を持つ第三者に帰属しています。
著作権法第30条私的使用の範囲での複製など、著作権法で、許諾無く利用できることが認められている場合を除き、コンテンツの一部または全部を無断で複製することはできません。コンテンツの二次使用をご検討の場合は、Art Bridge Institute 事務局までお問い合わせください。

プライバシーポリシーについて
Art Bridge Instituteでは、個人情報の取り扱い、個人の権利利益の保護及び人格の尊重、業務・組織に関する情報公開について、適正な運営に資することを目的に、下記の通りプライバシーポリシーを設定しました。

個人情報とは
氏名・生年月日・自宅の住所・自宅の電話番号・携帯電話の番号・メールアドレス・顔が判別できる写真や映像・指紋や掌紋・個人別に付与された記号・番号など、個人を特定できる情報のことをいいます。

個人情報の収集
Art Bridge Instituteでは、適正かつ公正な方法により必要な範囲で、個人情報を収集いたします。
1.収集する個人情報
・ 一般のお客様情報(プロジェクトの参加者・アンケート回答者など)
・ スタッフの情報 (スタッフ名簿・履歴書など)
・ 関係機関の情報 (名刺・年賀状・機関誌やシンポジウム招待状等送付先リスト)
2.収集方法について
・個人情報を収集する場合は、必ず、収集窓口と利用目的を明示いたします。
・必要な個人情報のみ収集し、本人が気付かない方法では入手しません。
3.思想、信条、宗教、社会的差別の原因となる事項及び犯罪に関する事項に関する個人情報は収集いたしません。

個人情報の管理
1. 利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。
2. 個人情報保護管理責任者を置き、収集した個人情報の紛失、破損及び漏えいの防止その他個人情報の適正管理に努めます。また、個人情報を管理・運用する職員を限定いたします。
3. ご本人の同意を得ないで、個人データを第三者に提供することはありません。
4. 個人情報に関わる業務を委託する際は、委託先について十分に管理・監督を行います。
5. 個人情報を廃棄する際は、読取不能にするよう処理した
6. 求める個人情報のご本人又は未成年者等の場合の法定代理人から、ご本人を識別される個人データの開示申出があったときは、法令等の定めにより開示することができない場合等を除き、遅滞無く、開示いたします。