晩秋のテレルジ国立公園 © Chihiro Minato
多すぎたり、少なすぎたり。
足りなかったり、余ったり。
削ってみたり、加えてみたり。
行間の書き込みがはみ出して、次のページに続いてゆく、そんな旅を続けてきました。
2017年に訪れた6つの土地を校正中のゲラ刷りに見立て、イメージとテキストを紡いでみます。
越境者たちが往来するのは、隙間と孔が無数にあいた世界。
記憶と忘却が交差するPOROUSへ。  港千尋

世界各地を旅しながら作品制作、キュレーション、出版活動を行ってきた港千尋による写真展。
本展に関連し、港千尋とキオ・グリフィス(アーティスト/キュレーター)がアートジンを制作し、会期中に配布します。
※なくなり次第、終了

会期 11/28(火)〜12/16(土) ※ 毎週日・月曜休
12:00~19:00 (土曜は~18:00) ※ 最終日は17時まで。
場所 Calo Bookshop & Cafe(大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル5階)
助成 大阪市
主催 NPO法人Art Bridge Institute
共催 Calo Bookshop & Cafe
協力 LABORATORIES
《関連トークイベント》
Calo Bookshop & Cafeで開催される「POROUS Transit Republic 旅と校正2017 / proofreader traveler 2017」展に関連し、トークイベントを開催します。
アジアで活躍するデザイナーを紹介する連載「YELLOW PAGES」(『アイデア』、誠文堂新光社)の担当や、移動型トークイベント「Mobile Talk」の開催など、出版物やデザインを通して人やイメージをつないできた後藤哲也さんと6つの土地への旅を振り返りながら、展覧会のコンセプトにもなっている「POROUS」(ポーラス)についてメディアやデザインの視点から考えます。

「旅する編集室:多孔質のデザイン」
日時:11月29日(水)19:30〜21:00
場所:FLAG studio(大阪市西区江之子島2-1-37 阿波座ライズタワーズ フラッグ46 1F)
料金:500円
登壇:港千尋(写真家、著述家、Art Bridge Instituteディレクター)
   後藤哲也(デザイナー、OOO projectsディレクター)
申込:要事前申し込み こちらからお申し込みください
定員:50名
主催:NPO法人Art Bridge Institute

後藤哲也
デザイナー。OOO Projectsディレクター。近畿大学文芸学部専任講師。主にグラフィックデザイン周辺の研究に取り組み、HFBK(ドイツ)客員研究員として、非西欧地域でのグラフックデザインを調査研究する「InterGraphicView」にも参加している。2018年4月には、『アイデア』(誠文堂新光社)での連載「YELLOW PAGES」をまとめた展覧会が開催される予定。
上野公園スタディーズ01「茶の本を持って、上野に出かけよう」

上野公園の歴史や文化、自然を学びながら、その魅力を発信していく「上野公園スタディーズ」のレクチャーシリーズ。
第1回目は、上野公園を舞台に開催される「TOKYO数寄フェス2017」のオープニングに合わせて、住友文彦さん(TOKYO 数寄フェス 2017 ディレクター)、小沢剛さん(アーティスト/TOKYO 数寄フェス 2017 谷中アートプロジェクト監修)をゲストに迎えます。

東京藝術大学とパリ国立高等美術学校の学生が、谷中でリサーチを行い作品を制作する「谷中アートプロジェクト」を監修する小沢さん。自身の最新作《帰ってきたK.T.O》では、岡倉天心をテーマとして、国内外でのリサーチや制作を行い、史実と創作が密接に関係しています。

今回は、ディレクター、アーティストから見た上野公園の魅力に触れながら、アーティストにとっての「リサーチ」についても紐解いてゆきます。

※本イベントは「TOKYO数寄フェス2017」の一環として実施されます。


本イベントは「TOKYO数寄フェス2017」 の一環として実施されます。
詳細やお申し込み、お問い合わせは、「TOKYO数寄フェス2017」ホームページをご確認ください。


場 所:東京都美術館 講堂
日 時:11/10(金) 17:00-19:00(受付16:30~)
定 員:200名
参加費:無料


《申し込み方法》
事前申し込み制。※ 11/10(金)11:00締切。残席分の当日受付を16:30より会場にておこないます。
「TOKYO数寄フェス2017」ホームページよりお申し込みください


《登壇者》
ゲスト

住友文彦
1971年生まれ。あいちトリエンナーレ2013、メディア・シティ・ソウル2010(ソウル市美術館)の共同キュレーター。NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ(AIT)創立メンバー。展覧会=「PossibleFutures:アート&テクノロジー過去と未来」展(ICC、東京、2005)「川俣正[通路]」(東京都現代美術館、東京、2008)ヨコハマ国際映像祭2009ほか。

小沢 剛
アーティスト。1965 年生まれ。 代表作は、女性が野菜で出来た武器を持つポートレート 写真シリーズ《ベジタブル・ウェポン》(2001~)、歴史上の 人物を題材に事実と虚構を重ね合わせ、物語を構築する 《帰って来た》シリーズ(2013~)など。


聞き手

港千尋
写真家、著述家。1960 年生まれ。 記憶、イメージ、群衆などをテーマに、映像人類学をはじめ 幅広い活動を行う。著作『記憶―創造と想起の力』で サントリー学芸賞、写真展「市民の色」で伊奈信男賞。 国内外の国際芸術祭でキュレーターや芸術監督を務める。Art Bridge Instituteディレクター。


《お問い合わせ》
上野「文化の杜」新構想実行委員会内
TOKYO数寄フェス2017事務局
TEL: 03-5834-2396 (平日 10:00 - 17:00)
URL: http://sukifes.tokyo/

《主催》
上野「文化の杜」新構想実行委員会、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)


《企画》
NPO法人Art Bridge Institute
【Dangerous Grooves】海賊盤/バウンティ・ハンター 開催
更新日:2017.10.19
※イベントは終了しました。
海賊盤/バウンティ・ハンター
レコードを聴きながらアートや社会について語る、移動型のイベント。
自分しか持っていない(に違いない)レアなアイテムを持ち寄り、おしゃべりをしながら聞こうという試みです。

レコードやカセットテープのリバイバルが本格化するなか、あえてコマーシャル圏外にある録音を共有したいと思います。
ジャンルは問いません。
ぜひ、これはみんなに聞かせたいというスペシャルな音を持ってお集まりください。

参 加 : 港千尋、キオ・グリフィス、ほか
入場料 : 無料(飲み物カンパ制)
※ 参加人数を把握したいので、来場予定のかたは、facebookイベントページの「参加する」にチェックお願いします!

主催・問い合わせ:Art Bridge Institute+TYPE
ABI+P3共同出版プロジェクトとKIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)
が共催で、「言葉の宇宙船がやってくる〜KIITO BOOK CLUB」を開催します。

『言葉の宇宙船 わたしたちの本のつくり方』(ABI+P3共同出版プロジェクト)は、芹沢高志と港千尋の出会いに編集者やデザイナーが加わり、読者とともに自分たちなりの本のつくり方を考え実現した、プロジェクトブックです。
「言葉の宇宙船」には、ふたりの著者が読んできたタイトルにはじまり、本との出会い方や届け方、これからの文化発信の在り方まで、物質としての書物の可能性と、それを共有するための方法や試みといったアイデアの積荷がたくさん入っています。

今回、「言葉の宇宙船」が寄港する先はKIITOのライブラリ。宇宙船に乗って旅をつづける言葉たちが、期間限定のブッククラブをつくります。
プロジェクトメンバーやコウベボーダーズ、KIITOが推薦する本が棚をつくり、その周りには、また新しい言葉が生まれます。
ご期待ください。


日時|2017/11/7(火)-2018/1/14(日) 
場所|デザイン・クリエイティブセンター神戸 2F ライブラリ
主催|デザイン・クリエイティブセンター神戸、ABI+P3共同出版プロジェクト


・ブッククラブ(1)
「本を『編む』わたしたちの本のつくり方」
出演:尾中俊介+川村庸子
一冊の本をつくるにあたって、何を、どのように編んでいるのか。編集者とデザイナーが、『言葉の宇宙船』における編集とデザインの実践について言葉を交わします。ふだん無意識に行っていることを言語化し、わたしたちの本のつくり方を探る試みです。
日時:11/25(土)15:00〜17:00
お申込みはこちら

・ブッククラブ(2)
「本の外縁をめぐる旅」
出演:港千尋
『言葉の宇宙船 わたしたちの本のつくり方』の著者であり、『文字の母たち Le Voyage Typographique』(2007年、インスクリプト)や『書物の変—グーグルベルグの時代』(2010年、せりか書房)など、これまでも著述家、写真家として「本」にまなざしを向けてきた港千尋。自著の執筆背景やエピソードなどを紹介しながら、「本の外縁をめぐる旅」に誘います。
日時:11/30(木) 18:30〜20:00
お申込みはこちら

・ブッククラブ(3)
「わたしたちの本の届け方とその先」
出演:芹沢高志+坂田太郎+コウベボーダーズ
本著完成後の届け方や活動について紹介しながら、今後の可能性を考察します。ゲストに、神戸市内の古本屋5店舗からなるユニット「コウベボーダーズ」を迎え、神戸を拠点にしたコレクティブとしての「届け方」についてもお伺いします。ミニ古本市も同時開催!
日時:2018/1/14 (日) 15:00〜17:00
お申込みはこちら


【ABI+P3共同出版プロジェクト】
「いくつもの小さな本や出版活動が自生、共生する、生き生きとした複雑な世界を求めて」
ABI+P3共同出版プロジェクトは、Art Bridge InstituteとP3 art and environmentが、これからの文化発信の在り方を、実践を通して考えていくために立ち上げたプロジェクトです。
2016年に芹沢高志・港千尋による共著『言葉の宇宙船 わたしたちの本のつくり方』を発行。「本の可能性」や「未来の発信拠点」をめぐって交わされた往復書簡や公開対話から、出版レーベルが立ち上がるまでのプロセスを一冊のプロジェクトブックにまとめました。
本著完成後は、ウェブコラム『100の読者、100の経験』や、「わたしたちの本のつくり方、届け方」トークシリーズ、書店でのブックフェア開催など、本が飛び立った「その後」を追うプログラムなどを展開しています。


【お知らせ】
KIITO BOOK CLUB開催にあわせて、ジュンク堂書店三宮店5階 レジカウンター前特設コーナーにて、ブックフェアを開催します。『言葉の宇宙船 わたしたちの本のつくり方』をはじめ、ABI+P3共同出版プロジェクトのメンバーがこれまでに制作に携わった本をご購入いただけます。詳細は随時本ページにアップデートしていきます。期間:11/7(火)~12/6(水)
THE TOKYO ART BOOK FAIR 2017 に参加します
更新日:2017.09.26
※イベントは終了しました。
Art Bridge Instituteで、THE TOKYO ART BOOK FAIR 2017に参加します。
ぜひ、Art Bridge Instituteのブースに、遊びに来てください。

会期:2017年10月5日(木)~10月8日(日)
会場:寺田倉庫
   東京都品川区東品川2-6-10(地図)
会期:2017年10月6日(金)12:00〜20:00
   2017年10月7日(土)12:00〜20:00
   2017年10月8日(日)11:00〜19:00
入場料:無料

プレビュー・オープニングレセプション
日時:2017年10月5日(木)15:00〜21:00
入場料:1,000円
2017年6月、書籍『言葉の宇宙船 わたしたちの本のつくり方』(ABI+P3共同出版プロジェクト)の刊行から半年後。
わたしたちは、飛び立った本の「その後」を追うウェブプログラム『100の読者、100の経験』をスタートしました。
いくつかの質問やお願いを投げかけ、そのお返事の紹介を通して「読者」経験の一端を記録し、わかちあう試みです。

“読者とは、単に本を読む人というよりは、「魂を持っている」ということだと思うんですよ。
読者が100人いたら、そこには100の魂がある。本が複製物になったときの最大の発見は、100人が読んでいて、100の魂があるということです。
そこに、もう一度立ち返ることができるのではないでしょうか”
[p142 編集会議「読者への届け方」より]
書籍『言葉の宇宙船 わたしたちの本のつくり方』が飛び立ってからまもなく半年が経過します。無人惑星探査機が、節目のタイミングでどこをどのように飛んでいるのかが話題になるように、わたしたちも半年という節目の機会に、わたしたちの宇宙船が、今、どこを、どのように旅しているのか、本の「その後」を追うプログラムを開催します。*プログラムは随時更新します。
《Book Fair》
『言葉の宇宙船 わたしたちの本のつくり方』からひろがる本の世界
期間:6月13日(火)〜6月26日(月)
会場:代官山 蔦屋書店

「代官山 蔦屋書店」の一角で選書フェアを開催。いくつもの小さな本や出版活動が自生、共生する、生き生きとした複雑な世界を求めて。メンバー5 名が本書のキーワードから連想した本が、紹介文と共に並びます。
《Talk》
『わたしたちの本のつくり方、届け方』
日時:6月22日(木)19:15~20:45
会場:青山ブックセンター 本店
芹沢高志 × 港千尋 × 川人寧幸(ツバメ出版流通)
詳細・お申し込みはこちら

出版社と書店をつなぐ取次(とりつぎ)として、芸術、思想、文学のコアな読者が集う全国の書店と独自のネットワークを築き、流通を支える川人寧幸さんをお迎えし、「取次から見える本の世界」についてお聞きします。
《Web Program》
『100の読者、100の経験』
読者としての経験<魂の彷徨>を記録するウェブプログラム。*詳細近日公開

“読者とは、単に本を読む人というよりは、「魂を持っている」ということだと思うんですよ。読者が100人いたら、そこには100の魂がある。本が複製物になったときの最大の発見は、100人が読んでいて、100の魂があるということです。そこに、もう一度立ち返ることができるのではないでしょうか”
*『言葉の宇宙船 わたしたちの本のつくり方 』p142 編集会議「読者への届け方」での港千尋の発言より]
台南藝術大学が発行する『藝術観点ACT|Art Critique of Taiwan』の69号「新芸術祭革命―夢みる人のクロスロード」が発行しました。

今回の特集は『藝術観点ACT』と『ART BRIDGE』との共同制作により実現しました。
中国語を基本に、テキストの一部及びタイトルなどが日本語、英語のバイリンガルで編集されています。
「水交社都市記憶ワークショップ」や「AABB in Okinawa」など、さまざまなアートの取り組みに橋を架けてゆく『ART BRIDGE』のネットワーキングを通じ、『藝術観点ACT』編集長の龔卓軍氏、通訳・翻訳の呂孟恂氏といくつもの活動を共にしていたことが、今回のコラボレーションにつながりました。

国内でもご購入いただける方法を検討しております。
詳細が決まりましたら、ご報告させていただきます。
TRANSIT REPUBLIC | 01
更新日:2017.04.02
『ART BRIDGE05|Transit Republic 越境芸術祭』にあわせて、Transit Republic 01|ART BRIDGE special edition zineを発行いたしました。
ティフアナ、プエルトリコ、キューバ、L.A.のアーティストたちのインタビューと作品を掲載。
ポスター型の越境芸術祭です。(A1サイズ16ページ折)
配付方法はこちら
Transit Republicについてはこちら

TRANSIT REPUBLIC|01
ART BRIDGE special edition zine
Published by Art Bridge Institute
Concept,cover art,design and edited by Kio Griffith

Artist
Carmen Argote(L.A.)
Raul Baltazar(L.A.)
Mery Barragan(Tijuana)
Agustin H Carlos(Cuba)
Kate Clark(L.A.)
Luis G.Hernandez(Southern California and Mexicali)
Haydeé Jiménez(Tijuana)
Pablo Victor Bordón Pardo(Cuba)
Ricardo Rodríguez(L.A. and Puerto Rico)
Julio M. Romero(Tijuana)
Luis Alonso Sánchez(Tijuana)
Mine The Poet Sonksen(L.A)
Shirin Towfiq(L.A.)
Adriana Trujillo(Tijuana)
ART BRIDGE05 | Spring
更新日:2017.04.02
Transit Republic
越境芸術祭

『ART BRIDGE05|Transit Republic 越境芸術祭』を発行いたしました。

トランジットラウンジ─海外旅行をすれば必ず通る空間は、スペースとしては搭乗のためにあるただの待合室ですが、そこを通過する人間に注目すると、現代世界の縮図としてのゾーンが浮かび上がります。物理的には「国土」にありながら、理論上は旅券に押されるふたつのスタンプの「間」つまり国境の外にある空間。言語、歴史、文化、経済そして政治。わたしたちが生きる世界の諸問題が、トランジットする無数の人の横顔に刻まれている。もしそこで展示や編集やトークが開催されたら…そんなアイデアから今回は、創造的空間としてのボーダーを訪ねる旅に出ました。
目指すはロサンゼルス、そしてメキシコ。合衆国の西、太平洋の東、中南米の北として、多様な文化が出会い混交してきたロサンゼルスは、砂漠に生まれ中心を持たずに拡大と成長を続ける超都市であり、映画芸術を生み出し移民の夢と現実を吸収する、移動的生命体でもあります。まだまだ未知なる文化の発信源をリサーチしながら、展示と編集を同時進行するプロジェクト『Transit Republic』が今回の特集です。
さらにメキシコのボーダータウン、ティフアナで始まっているアーティストコレクティブの活動には、新しいアイデアや方法が溢れていました。アメリカ合衆国第45代大統領が計画中の「壁」すらマテリアルのひとつにしかならないような、驚愕すべきエネルギーがあるように思います。複数の十字路を抱えて生きるわたしたちが出会うとき、不毛の砂漠に見えるボーダーは、汲めども尽きぬ想像力の源泉を露わにするからに違いありません。
(港千尋『ART BRIDGE05|statement』より)

Being“ in transit” is that space in continuum, limbo, possibly weightless, leaving behind realities in exchanges for possibilities, the unaccountable time over matter which could transform into anything or nothing. The long tracks of the transcontinental railroad, the wide laned freeways of California disappearing into the never-ending horizon, the window in the desert sky where the moon and sun shine together. The history of space defines a city, its urban and rural landscapes and the production of these spaces can be attributed to human creation.
The ebbs and flows of coexistence call attention to the often lost margins of settlements, endangered areas of gentrification. In this 5th issue of ART BRIDGE, the publishing project transposes across the Pacific shore into the fabric of Los Angeles communities, the preeminent political change of the 45th administration, the reinstated immigration ban, the Mexican wall and the fervent Tijuana artists in sustainable resistance.“ Community” is now a verb.
(Kio Griffith ART BRIDGE 05 Project Director / Manager)


目次はこちら

配付方法はこちら