町田恵美
Megumi Machida
領域 / 共同体 / 意識
私が生まれ育った沖縄は、四方を海で囲まれているがゆえの閉じられた概念と海の彼方に向かう開かれた意識との両面を持っているといえる。
周縁に位置することでもたらされた数々の出来事に対し、受容と抵抗を繰り返すなかで育まれた芸術表現には、どういった土地固有の共同体の思想が影響し、関係しているのだろうか。領域の横断と循環により、新たな価値観をもたらす文化形成の過程をコレクティヴの動きやアーティストの活動を通して多様化する現代社会との接続点として考えたい。
00 プロフィール
1981年沖縄県生まれ。沖縄県立博物館・美術館の教育普及担当学芸員を経て、今春よりフリーのフリーランスエデュケーター/コーディネーターとなる。沖縄を拠点に、興味関心の赴くまま県内外を行ったり来たりしながら、沖縄(との関わりなど)について考えている。あいちトリエンナーレ2016コラム展示「交わる水―邂逅する北海道/沖縄」共同キュレーター。Research for Arts and Culture Okinawaメンバー。

記事一覧