齋藤彰英
Akihide Saito
移動 / 記憶 / 自然
太古の記憶が刻まれた糸魚川静岡構造線。かつてこの険しい地形は、巧みに利用され物流の道として人々の生活を支えていた。それは縄文期にまで遡ることができる。さらに長い年月を通して、道は信仰や文化も作り出してきた。私はこの道を移動し追体験することで、私達の体に刻まれた始原的な記憶を掘り起こしたいと考えている。
00 プロフィール
1983 静岡生まれ、写真家。2009 東京藝術大学大学院修士課程 修了。長い年月をかけて作られた景色や、束の間に消失する現象、あるいはそうした景色の中で育まれた日常の営みを記録し、写真作品を発表。また、アーティストのパーフォーマンスや、アートプロジェクトおける写真・映像ドキュメントを制作。2018年より横浜美術大学、日本工学院八王子専門学校にて非常勤講師。主な個展:2015年「いつか」ema gallery、2015年「沈着」ギャラリーとりこ、2014年「深く、より深く」国営アルプスあづみの公園、2014年「共沈する景色」黄金町site-A、2012年「網触共沈」 横浜市民ギャラリーあざみ野 など。

記事一覧